あれは昨年だったと思うのですが、某所(日本国内)で鹿の角を切る行事があったと新聞に載っていました。
新聞報道(というほど大仰な記事ではありませんが)によりますと、その土地では、毎年の恒例行事で、鹿の角を切るそうです。
鹿の角は硬そうで、つつかれたら人間もけがをしかねません。観光のためにも鹿の角は、切ったほうがよさそうだと思いました。
更に新聞記事によりますと、鹿を落ち着かせるために、鹿にお水を飲ませるのだそうです。
鹿が横になって、お水を飲んでいる姿が載っていましたが、なんとも可愛かったです。
それにしても、鹿には毎年決まった時期に角を切られるということについて、認識が難しいのでしょうか?謎です。
まったく違う日に、某所で羊の毛刈りについて、テレビで見たことがあります。羊は、おとなしいからか、賢いからか、お水は飲まなくて良さそうでした。
動物と言えども、違いがあって、面白いものだと思いました。
ところで、私も仕事上緊張しなくてもいいところで、緊張することがありました。
その時に、先述の鹿の話を思い出し、お水を飲んでみました。もちろん、横にはなりません。
アトケアプロ 口コミ

そうすると、こころなしか、気分が落ち着くではありませんか。今度から、無駄に緊張してしまうときには、お水を飲もうと思いました。
お水の成分云々より、お水を飲んで口やのどを潤すことが、こころを落ち着かせるのかなと思いました。
鹿に大事なことを教えてもらった私でありました。

お水を飲むことについて(とてもゆるい文章です)

投稿ナビゲーション