以前から部屋の横に積み重ねている本や資料などがかなり溜まってきて山積みになっているので、ここに本棚でも置きたいなぁと思い、ホームセンターや家具屋さんを時々見に行っていたのですが、なかなか適当なサイズのもなく、あったとしてもかなり高価なものだったので、「じゃあ、自分で作ってみよう!」という事になりました。もともと大工仕事は好きで時々していたので大丈夫だろうとは思っていたのですが、今回はかなり大きなものになりそうなので、材料選びからかなり迷ってしまいました。
本棚の大きさは、幅が150㎝、高さが90㎝、奥行きが40㎝としたのですが、まず横板の厚さと材質をどうするかでかなり悩みました。最初は集成材で2㎝くらいの厚さがあればと思って探したのですが、ちょっと高めでした。なるべく安価で抑えつつ見た目もそこそこを目指していたので、ホームセンターの木材売り場でさんざん悩んだ挙句、ラワンランバーコアという集成材をベニヤでサンドしたものを発見しそれを購入しました。
値段は安かったのですが、このラワンランバーコアは180×90の俗に言うサブロクサイズのパネルなので切り出しが大変でした。何せ道具は普通の電ノコしかないので、これでまっすぐ切るのは至難の技です。初の試みで角材を固定しガイドを作って切ったら、なんとか許容範囲の誤差で切ることができました。切るのに神経を使ったため、当初の予定していたホゾ組をやめてオールビス止めでやっちゃうことにし、何とか形は出来ました。あとは塗装してあら隠しをしようと思います。なんとかなりそうで一安心といったところです。http://xn--n8jwl7c7a6o7130bxn4b.xyz/

DIYで本棚作りにチャレンジしてみました。

投稿ナビゲーション